忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5
8 9 11 12 14
15 16 17 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
おめでとう!(返信済)
(10/11)
(07/24)
(07/16)
素晴らしい!(返信済)
(05/11)
無題(返信済)
(02/09)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[59]  [60]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
2006年7月27日(Thu)

タイ寺 タイ寺 水亭
タイー寺           水上人形劇をする水亭

歴史研究会の小委員会でタイー寺へ。
ハノイから南西へ35Km。ソンタイ省 チャオクオァイ県 サイソン社 サイ(柴)山に位置します。 

タイ寺は古い時代から地域の信仰の中心であったようです。
そして李朝期に徐道行(?-1116)が、この寺で修行をし、密教の秘術を通じて父の仇討ちをし、その後、李朝5代皇帝の神宗(在位1128-1138)に生まれ変わったという伝説があります。

<<上殿>>
徐道行 李朝5代皇帝の神宗
     徐道行         生まれ変わった皇帝の神宗

徐道行の未来 徐道行のマリオネットのようなもの(今は本物はこの場所には展示されておらず、写真がありました。)

<<中寺>>
護法 釈迦
いろいろ仏像があります。映画インドシナにも、ここが撮影現場になりこの護法が出たそうです。
右は、釈迦佛で「天上天下唯我独尊」と指差しているお釈迦様。

今年は旧暦7月が2回ある「閏月(うるうつき)」のある年です。
毎年、旧歴7月15日は、Pha Do Vhan Nhan という儀式があり、旧暦7月1日~15日まで、精進料理を備えるそうです。
今日は旧暦7月3日です。
精進料理 タイ寺 師堂

鶏肉や魚のように見えるのに、精進料理なので、一切、肉・魚は使われていないそうです。

供養の儀式 おぼうさん
今日は、お坊さんが沢山集まられて、このお寺の先祖の供養をしていました。太鼓や鐘がにぎやかでした。

サイ山の登山口の方に行く途中であった、荷馬車ならぬ荷牛車。
皆、首から背中の間に大きなこぶがありました。
牛 日天橋
   こぶのある牛           日天橋

裏山のロッククライミングのような登山(ハイキング)30分。
距離はさほどないのですが、傾斜が厳しいのと、岩がむき出しで、足を滑らせると大怪我をしそうなところです。
Nさんが、身軽に登られるので、私も挑戦してみました。
明日になったら、筋肉痛間違いなし!
頂上からの見晴らしは、登った充実感もあり綺麗に見えました。
降りるほうが怖かった。
歴史研究会ならぬ、ハイキング同好会でも入ったかと錯覚するほどハードでした。
岩山 岩山頂上よりの風景
  岩山を降りているところ  頂上から見えた風景


そして極め付けが・・・・「申光洞」と言う名の洞窟探検。
これは、NさんのドライバーさんとNさんがいなかったら、私は決して行くことがなかったと思われる洞窟。
何度も、途中で引き返そうかと思いながらついて行きました。
洞窟の中は、暗い(懐中電灯を持っていったけれど、)
地面が滑りやすくなっているので、最新の注意を払いながら進みました。
そしたら、前の方に光があり、近づくと30mぐらい上から光が差し込み、それがあたかも極楽への道のように見えるのです。
洞窟1 洞窟2 

何か凄い幻想的な雰囲気に包まれました。

この洞穴は、抗仏戦争の時、ホーチミン主席が共産党の集会を開き、秘密放送局を置き、士気を高めた所です。
(東郷仁著 「ハノイからの招待状」より)

岩山登りと洞窟探検の印象が余りに強く、凄く立派なお寺なのにお寺の方の印象が薄らいでしまうほどでした。







PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
なんとも絵になる!
水上人形的の水亭、なんとも絵になりますね~。後ろに写っている岩山はハロン湾のそれと同じ地質なんでしょうかね?!
それにしても流石歴研です!研究熱心でいらっしゃる。ハノイの歴史がディープに知れて良いですね!ほんま感心してしまいます。
チビクロ777 URL 2006/07/28(Fri)00:51:29 編集
Re:こちらにもどうぞ
チビクロ777さん
歴史研究会の小委員会も良かったら入ってくださいね。
楽しいですよ。現在、ほぼ毎週木曜日に活動しています。
今日は、かなりディープでした。 YU-
【2006/07/28 01:57】
続きが?!?!
あれ、一回目拝読した時、精進料理の所までしか読んでいませんでした!(PCの立ち上がりの問題だと思います)失礼しました。
後半が圧巻ですね!洞窟の光を浴びると天に召されてしまいそう!(私の場合は地獄か?!)本当に美しい。ホーチミンさんが秘密放送局を設置した場所とは、更に感慨深いですね。いや~本当にディープベトナムですね。素晴らしいです!!
チビクロ777 URL 2006/07/28(Fri)11:12:15 編集
Re:ゴメンなさい。
チビクロ777さん
UPが途中だった 犯人は私です。
実は以前、写真を操作していて、半分まで作ったページが、消えてしまい、悔しい思いをしたので、UPする内容が長い時、途中で一旦、UPしています。
その時、ちょうど見ていただいたのだと思います。
申し訳ありません。
先日も、ページを作成中に主人が帰宅したので、尻切れトンボで出来ている分だけUPして、hanaeさんにもご迷惑をかけてしまいました。
今度から途中の時は、「まだ途中で続きを書きます」と書いてからUPするようにします。
本当に、皆様ご迷惑をおかけしてすみません。

本当に昨日はディープなベトナムでした。YU-
【2006/07/28 19:37】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]