忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
6 7 8 9 10
14 17 18
20 21 22 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
おめでとう!(返信済)
(10/11)
(07/24)
(07/16)
素晴らしい!(返信済)
(05/11)
無題(返信済)
(02/09)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[62]  [61]  [59]  [60]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
2006年7月29日(Sat)

28日(Fri)夜9時 ハノイ発です。
ハノイ駅 鉄道のチケット
  ハノイ駅(GAは駅)   チケット(ハノイ駅→ヴィン駅)

主人の会社の若いベトナム人のホームタウンのゲーアン省に、夜行電車で行くことになりました。(電車ではなくディーゼル車です)
総勢19人、そのうち日本人は4人です。
交通費、宿泊、食事代は各自で払います。
若いベトナム人は安く上げるため、硬い椅子に座って 1晩中おしゃべりしながら行くのを選びました。
日本人は、エアコン付きの寝台を希望しましたが、手に入らず、3段ベットの6人部屋、エアコン無しとなりました。

ハノイ駅改札 寝台3段ベット

ハノイ駅の改札です。首都の一番メイン駅ですが、人が改札します。

電車に乗ってみると硬い板の上に、ビニールのゴザが敷いてありました。
3段の真ん中です。一人寝ると幅一杯です。
頭の方に通路との窓があり、ガラスがありません。
もし誰かが通路から手を伸ばせは、髪の毛を触ることができます。
私は盗難に合わないよう、パスポートと現金を腰に巻きつけ用心しました。(外国人は、国内旅行でもパスポートが無いと宿泊できません。)

エアコン無しですから、外との窓も開いています。

3段目の人は、私の頭のところにある、足かけ用の出っ張りに足をかけてよじ登りました。
私も2段目の自分のベットに行くのに、1段目の人の頭のところにある足かけに足をかけ、よじ登りました。
だから、夜中にトイレに行くのは極力避けたいと思いました。

1部屋6人の内、私達夫婦以外はベトナム人でした。
ベトナム人たちは、しゃべりたおして、11時ごろサッサと寝てしまいました。(寝息も? いびきも? 寝たものが勝ち?)

どんなところでも寝られる特技を持っている私ですが、「ベットは硬い、周りは騒がしい、蒸し暑い・・・」今回は、とても寝られたものではありませんでした。

途中、停まった駅でネムチュア(保存用ソーセージ)売りのオバサンの声が、寂しく響き渡っていました。

29日(Sat)朝、5時35分着の予定でしたが、4時50分から電車が停まったままです。車内放送が流れましたが、ベトナム語で分かりません。
秘書さんに電話をしたら、「前の電車が、自動車とぶつかり停車しているらしい。」
結局、2時間遅れで、目的地の ヴィン駅 GA VINHに付きました。

ビン駅構内 ビン駅外から

ホームに着くと、ハノイも同じですが、地下道も陸橋も無いため、線路に降りて渡ります。
線路には、いろいろ落ちているので要注意。
(トイレは、そのまま線路に落ちます)

朝食は、皆で食堂に入り、「鰻のお粥」か「鰻のヌードル」
朝食ルオン 
CHAO LUON 鰻のお粥    MIEN luon 鰻の春雨麺
これはなかなか美味しいものでした。

その後、ヴィンの10km 西のキムリエン村にホーチミンの生家に。
ホーチミンの家 ホーチミンの愛用品
 ホーチミンの生家         ホーチミンの愛用品

ホーチミンの両親を祀る ホーチミンの両親の祭壇
ホーチミンの両親を祀る家 蓮の花だけをお供えしている(神格化)

果物マンクワン 参道で帽子を売る店
クア マン クアン という果物。  フェンスの外に店を構え、
中は黄色の甘い果物          フェンスの間から帽子を売る       
タオさん宅で昼食

ご招待いただいたタオさんのお家で、昼食をご馳走になりました。
ベトナム式に、タイル床の部屋にゴザを敷き、その上にご馳走を並べ、周りを囲んで食べます。
女の人もアグラをかいたり、横座りしたり、立膝を立てたり、思い思いにすわります。
腰が心配だった私は正座をしましたが、今度は足がしびれて大変でした。

その後ホテルへ
ホテル  VIEN DONG HOTEL 2ツ星
シャワーを浴びるとトイレがビチョビチョに濡れる。ベトナムスタンダード

若いベトナム人にとっては、2ツ星は高いので、1つのダブルベットに横になり3人で寝たそうです。1部屋にダブルベットが2つあったので、6人一緒の部屋です。
以前も書きましたが、ホテルの料金は、「1人いくら」でははく、「1部屋いくら」ですから、人数が多いほど一人当たりは安くなります。

Cua LO Beach クワロービーチ
クアロービーチ クワロービーチ2
サイレンを鳴らしながら、警備の船が遊泳場に入ってきました。
左下に写っているように、海岸にはカメラマンが沢山います。
まだまだ、カメラは庶民には高いため、記念写真を撮るためのカメラマンがいます。

クワロービーチ3 クワロービーチ4
ビーチに売りに来た豚マン屋さん。暖かい豚マンを売るために燃料のマキを積んでいます。

クワロービーチは、ベトナムでは有名なビーチです。

日本では、夏に海にもう15年ぐらい行っていないのに、ベトナムに来て今年は3回も海に行ってしまいました。

そして今日の最後のスケジュールは、ベトナム人大好きの"カラオケ"。
ちょっと疲れました。

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]