忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5
8 9 11 12 14
15 16 17 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
おめでとう!(返信済)
(10/11)
(07/24)
(07/16)
素晴らしい!(返信済)
(05/11)
無題(返信済)
(02/09)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [59]  [60]  [58]  [57]  [56]  [55
2006年8月1日(Tue)

青春とは1 青春とは2

M先生が、「青春とは」という本を貸してくださいました。
短い本で30分もあれば読めます。

原作詩 サムエル・ウルマン(1840-1924)「Youth」を 新井満さんが大胆に自由訳しています。

この詩は、戦後マッカーサーがGHQ執務室の壁に掲げていたのを、この英語詩に感動した一人の日本人 岡田義夫さんによって「青春」として翻訳され数奇な運命をたどり日本中(特に財界人)に広まったそうです。

その訳が素晴らしく、戦後の日本人に勇気と希望を与え、高度経済成長の原動力にもなったそうです。

今回、新井満さんが日本語訳に曲をつけることを依頼され、調べていくうちに、ウルマンの書いた「Youth」とマッカーサーが愛誦した「Youth」は似て非なるものであり、驚いたことが書かれていました。
オリジナル版とマッカーサー版が存在した理由は、「Youth]を読んで心打たれた人が、改変を重ねたためだそうです。

新井満さんの訳のほんの一部をご紹介します。
「歳を重ねただけで人は老いない
 夢を失ったときはじめて老いる」

最近なんだか、歳を感じる年齢になり、遠く過ぎ去ったように思っていた「青春」と言う言葉・・・

この本は、年齢関係なく「夢」×「情熱」を持ち前向きに生きることを応援するような本でした。

本日の、夏休みの宿題「読書感想文」は、これで終了です。




 
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
う~ん、心に染み入る言葉ですね。
何かの時に、「あ~歳を取っても何かに情熱を持って打ち込む事があれば、いつまでも青春なんだあー」と思ったことがあります。
私もいつか読んでみたいと思います。
最近青春してないな~・・・。
チビクロ777 URL 2006/08/04(Fri)18:14:11 編集
Re:無題
チビクロ777さん
あなたほど情熱的に この暑いベトナムを走り抜けている人はいませんよ。
でも、歳をとっても何か打ち込むものは、欲しいですね。 YU-
【2006/08/05 07:04】
さくらさくらさんこそ
それ、そっくりそのままお返しします!
さくらさくらさんこそ色んな事に興味を持たれ、精力的に取り組んでらっしゃるじゃないですか!!
ではお互いHANOI生活を謳歌しましょうね!
ところで今度ランチでも如何ですか?!hanaeさんも道連れに!
チビクロ777 URL 2006/08/05(Sat)13:41:39 編集
Re:ランチご一緒に
チビクロ777さん
ランチご一緒にいかがですか?
hanaeさんと いつものKさんと火曜日予定してます。 YU-
【2006/08/06 02:45】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]