忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5
8 9 11 12 14
15 16 17 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
おめでとう!(返信済)
(10/11)
(07/24)
(07/16)
素晴らしい!(返信済)
(05/11)
無題(返信済)
(02/09)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [7]  [6]  [5]  [4
2006年6月9日(Fri)

ディンチェム1 ディンチェム2

「6月9日から3日間、ディンチェムのお祭りがある」という
Sさんからの情報で、歴史研究会では、木曜日の集まりを金曜日に
ずらして、このお祭りを見学しました。

まず、ドラゴンダンスを奉納してから、船に乗り込みます。
幸運にも、村の人たちと一緒に、船に乗せてもらうことができました。
(このお祭りの船に乗った初めての日本人かも・・・・)

船上でドラゴンダンスや、かわいい女の子達の踊りが、
おじいさんの楽団に合わせて行われました。

紅河の中央で水を汲みそれを祭壇にお供えするお祭りです。
この聖水で、後日、木像や工芸品を清めるそうです。

汲まれた水は、陶器の3つの壷に入れられ、鎖で吊り下げて
運ばれました。
そして、ディン(ティム村の鎮守兼集会所)に戻って、
楽士たちの打ち鳴らすにぎやかな音楽と共に奉納の儀式が行われました。
聖なる水の奉納を真近で見せてもらうことができました。

ディンチェム3 ディンチェム5
船上でのドラゴンダンス    少女たちの踊り

ディンチェム4 ディンチェム7
楽士のおじいさんたち     聖水を鎖のついた陶器の壷に入れて運ぶ

ディンチェム8 ディンチェム9
ディンにもどり、聖水奉納の儀式

このディンの後宮には、BC2世紀に活躍したリーオンチョンが
妻と子供6人と共に祀られています。

チェム村の観光課の人が、「リーオンチョンの像が中国のほうを
向いている」と話していました。
「確かに北向きに建っている亭や神社はほとんどないように思います。」
とSさんから、後でメールを頂きました。(流石!)

後宮は、聖域のため写真を撮ってはいけませんでした。

ディンチェム6

大きな門の左側に白い象と象使いがいます。
リーオンチョンがこのような象に乗り戦ったそうです。

このディンは河と堤防の間に建っていて、洪水から村を
守ってきたと信じられているそうです。

1990年に国の史跡として公認されたそうで、5年に1度
大きなお祭りになり、昨年がそうだったようです。

多くのお祭りが春行われるのに、夏にするのは暑くて大変そうでした。
聖水を運ぶ人たちの衣装が、白のシャツに赤の膝までの巻きスカートの
ような感じで印象に残りました。
他のお祭りをいくか見ましたが、この服装を見るのは、初めてでした。
何か意味があるのでしょうか。
色彩的には、日本の巫女さんと同じですが。

このお祭りは、旧暦5月14日15日16日に行われます。
朝8時スタートでした。




PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]