忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
5 6 8 9 10
11 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新CM
(01/05)
(01/05)
おめでとう!(返信済)
(10/11)
(07/24)
(07/16)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


朝 地下鉄 御堂筋線が、人身事故でストップしていました。

それでJR難波へ出て、いつもとは違う道を歩いていて
見つけた「出世地蔵」。
心斎橋に向かって歩いていて 道頓堀川の手前です。

皆、お願いごとをするとき お地蔵さんの頭をなでるのか
黒光りしています。

男性2人で お掃除されていました。
地域の人に大事にされているのですね。

いつもと違う道は、発見があって楽しいですね。



PR





実家で 朝 起きると ヒヤ~ 雪の朝。

ノーマルタイヤの車です。

日中 道路の雪が ある程度溶けた間に
エンジンブレーキを使って 山をゆっくり降りました。





「おら おらで ひとり いぐも」

TVで 63歳の新人、芥川賞受賞作家、
若竹さんのことが 放送されたのを偶然、目にしました。

作家自身も5年前に ご主人を亡くされて、
今、自然とも心を通わされている様子でした。

小説の主人公も 子ども2人育て上げ、
主人を亡くし「老い」を生きて行く小説です。

本のタイトルに魅かれ、
私も何か 生きて行くヒントがあれば、、、と読んでみたくなり、
図書館へ。

何と「1冊の本で 現在 25人待ちですので、気長にお待ちください。」と。

1人 3週間まで借りられるということは、
半年先? 一年先? 待っていられない。

買って読むことに。

東北弁があちこちに。
声を出して読んでみると、案外、しっくり。

そんなにシリアスでも無く、笑いもいっぱい。
主人公の内からも いろいろな声が聞こえてきます。

最後は、お孫さんとの時間が、温かい気持ちで終わる感動作でした。

人は基本、独りで生きて行くけど、
はやり 人と繋がっているものですね。



あべのハルカス美術館で
「ジブリの立体建造物展」に
2時間ほど予定まであるので ちょうど良いかと思い
朝11:00頃 美術館へ

そうしたら・・・私の考えは、甘く・・・

チケット買うのに40分待ち。
その後、そのチケットを持って 入場整理券をもらうのに
また、別の列に並びなおし・・・

とっても次の予定に間に合わないので いったん諦めました。

予定を済ませて、帰り 18:30ごろ 再チャレンジ・・

チケットは5分待ちで 直ぐに買えたけど・・・

入場整理券をもらってビックリ!?

入場時間は「20:30~」!
なんと この時間で 2時間待ち!

諦めて帰ろうかと思いましたが・・・
半ば 意地になり、待って・・・

20:30に入口にいくと また 入場までに20分待ち。

美術館は21:50閉館 というけれど、
なかなか 前にも 進み辛く。

ざっと見終わって、美術館を出たのは、22:00でした。

スゴイ 人気です。
疲れました。

昨夜の話でした。

明日で終わりだったからでしょうね。

今度から、見たいものがある時は、平日の夜にしようと思います。





年に1度の 少年サッカー大会のお手伝い。
ゴールを自分たちで運びます。

グランドには、雪がありました。

服を着こんで、ホカロンをいっぱい貼って・・
でも、口をついて出てくる言葉は、
「寒~い~~!」emoji

寒いと、身体に力が入るのからかも知れませんが、
家に帰ると肩が凝っていました。


レープクーヘンと言うドイツのお菓子を頂きました。

日持ちのする 直径 7cmほどのクッキーです。



レープクーヘンは、蜂蜜、アーモンド、クルミ、
オレンジピール、レモンピール、などを混ぜて
チョコレートなどで風味付けをするのだそうです。

バリエーションは、いろいろ。

クーヘン = クッキー(ケーキ) のことだそうです。

ーーー



年末に行った シチリア島 タオルミーナの 
このおじさんの手作りお菓子
トロンチーニと よく似た感じでした。
トロンチーニは、2cmほどの 角柱ですが・・

画面下の金色の包み紙のもの。

卵白と蜂蜜などをベースに ナッツや、アーモンドを混ぜ込んで
チョコ・ホワイトチョコなどをコーティングしていて、
1ヶ月ぐらい日持ちのするって ガイドの方が 言ってました。

ヨーロッパ大陸だから、文化が伝わるのでしょうね。




今日、ナポリで買って シチリア島のパレルモから出した 絵葉書が届きました。
ずいぶん かかりましたね。

もう1回、旅行に行った気分です。

写真右上は、ピアッツア アルメリーナで買った
「うちわサボテンの赤い実のジャム」
ちょっと酸味があります。

赤ワインと カチョカバロ スモークチーズは、
アルベロベッロのお店で買ったものです。
ワインは、D.O.P. アルコール17%とちょっと高め。
どんな、香りか楽しみ!
お店の農場で作った手作りチーズ。


アルベロベッロは、トゥルッリという
真っ白な壁に、灰色の円錐型の屋根を持つ
おとぎの国のような建物です。


ピアッツア アルメリーナの
カッサーレの古代ローマの別荘には、
いろいろな モザイク画があります。
ビキニを着た乙女のモザイク画の床。
 
サボテンの実のジャムの蓋の図は、
寝室に使われていたという部屋の床のモザイクです。
 



シチリア島のシンボルマークの焼き物も買いました。
シチリア島は、逆3角形をしています。
3つの岬を意味する「トリナクリア」と呼ばれ
3本の足(3つの岬)をもつメドゥーサだそうです。




アマルフィーの画廊で買った 板に書いた小さい油絵。
アートギャラリーのおじさんが手に持っているものです。
この絵を見ると ティレニア海の青い海を
毎日 見ているような気分になります。



 
額に入れると、雰囲気も変わるでしょうね。
とりあえず、イーゼルに立てておこう。

他にも、小さい陶器の魚。


「また ガラクタを ようけ こうたなぁ。」
(“”沢山 買った。“” の関西弁)
という主人の声が聞こえるよう。

Arrivederci! さよなら!



いつも 旅先から 自分あてに 絵葉書を出すようにしています。

当然、自分の方が早く日本に着くのですが・・
受け取ったとき、もう1回、その旅を思い出せて嬉しくなるので、出すようにしています。

今回 ナポリで絵葉書と切手(€2.20)を買って
翌日、シチリア島のパレルモのホテルにポストがあったので
投函したのですが・・・

通常だと1週間ほどで届くのですが、
もう、投函してから25日ぐらい経のですが、届きません。

どうしたのかなぁ?




中之島中央公会堂で 室内楽の演奏会を聞きました。

その隣の建物が、「大阪府立中之島図書館」。
東西は、中央公会堂と市役所に、
南北は、土佐堀川と堂島川に 挟まれた場所です。

重厚な趣のある石造りの3階建て外観。

よく前を通るのに、初めて入りました。

日曜日、祝日が休館日だからかもしれません。

玄関の立派な階段を上がって 入り口に入ったら
そこは、2階で、素敵な階段(写真)と クーポラの天井があります。
100年以上前に建てられたとか。

1階は、新聞室で あらゆる業界新聞がありました。

一般紙は、縮小版にしてあったので、
自分の誕生日の新聞を取り出してみましたが、
縮小版のため、文字が小さく、老眼には、ちょっとキツイです。

文学・歴史・政治・経済など、大阪に関するあらゆる分野の本があるようです。
他には ビジネス関係資料も沢山ありました。

ちょっと 普通の図書館とは雰囲気が違いました。


ゆきもち草さん 野菜の名前を教えてくださって
ありがとうございます!
ゆきもち草さん 凄い!!

先日の怪しい菜っ葉は、「カーボロネル」。

初めて聞く名前だったので、ネットで見ると
イタリア原産で、いろいろな料理に使えそう。

怪しいと言って ごめんね。

お腹も痛くならなかったので、食べられるなぁと 思っていたけど・・

また、イタリアンに使ってみます。
珍しい 美味しい 野菜に出会えて、なんだか 得した気分です。

ーーーーー
以下、ネットからの引用です。

カーボロネロ(黒キャベツ)とは

アブラナ科の二年草。葉がちりめん状の不結球型キャベツ。イタリア中部、トスカーナ地方の原産。繊維が強く、煮込み料理などに向く。黒キャベツ。

冬の間も途切れず収穫できる。炒めるだけでおいしい。イタリアンでは、トスカーナ風の煮込み料理でもおいしい

耐寒性が強く、霜が降りても生育し収穫し続けられる。葉は細長でまっすぐ伸び、濃緑色、凸凹のちりめん状。青汁でおなじみのケールより甘味・旨味も感じられる深みのある味わいで、ほぼ同等の高い抗酸化力と栄養成分。キャベツと比べるとビタミンCや抗酸化力は数倍高く、一般的な野菜のなかではトップクラス。【Farm to Wellness倶楽部(デリカフーズグループ)分析調べ。】

40㎝程度に伸びた株元の葉から随時収穫する。若々しい健全な葉を下部よりかいて収穫します。基本的に、葉の黄化は下部より進行していきますので収穫のタイミングを逃さないように注意。


忍者ブログ [PR]