忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
2
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 17
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
お大事に~(返信済)
(08/17)
私もw(返信済)
(08/17)
記憶力?(返信済)
(08/17)
素敵ですね~(返信済)
(08/16)
同じく!(返信済)
(07/21)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
我が家の裏が、ずーと 田と畑でしたが、
2年前に造成されて 40軒ほどの住宅地になりました。

今まで裏だったところが 表のように。

ある人から、「ここから出入りして 駐車場にしたら?」

確かに 今 車を入れている玄関側より、ずーと 駐車し易い。

その人から、先日
「造成した住宅会社の道路は、もう 公に移管したので、
 通行できるからね。
 ただ、水路(今は、水が通っていない 幅20cmほど)の
 通行する権利を 水利組合にお金を払ってください」

昔は、田だったので、住宅地になった今も、使われていない水路があり
それは、水利組合の管理下に置かれているとのこと。

昨日の朝、7:00.
水利組合の人が、来て現場を確認。
朝 早い~~~~~。
日中は暑いので。もう ひと仕事してから 来られたそうで・・・

裏庭の一部を 駐車スペースにするために、
今日は、地植えしている花々を移動させた。
植え替え時期ではないので、花にはちょっと 過酷。
ごめんね。
PR


「ニュースの職人が語る
超高齢社会をポジティブに生きるヒント」
鳥越俊太郎さんの講演を友人に誘われて聞きに行った。

50歳以上限定。
しかも参加費無料。

4回も癌にかかりながらも(1回は良性だったから 3回かも)
克服されて 今は、お元気な 78歳。

補聴器を両耳に入れておられた。

流石にお話は面白く あきさせない 1時間30分の講演でした。

老後 自分を守るためには、
健康、友人、何かすること、そしてお金が、必要。

免疫力を高めるために 笑いのある生活を。

本当に笑って暮らしたいものです。




講演に入る前、企業の説明のとき、
超高齢化社会がもうすぐくる。
もう、物が売れる時代では、ない。
そのための 企業の方向性のような話でした。



過日の人間ドックの時、
1年で 7回だけ 胸が苦しかった時があったと
医師に言ったら、、、、

念のためといって 「紹介状」を書いてくださり、
病院で 検査をすることに。

1日中、心電図をとるため 4か所に貼ります。

お風呂に入れる方、入れない方 と2種類。
ただ、入れる方は、粘着が強く、カブレる人が多い。
ということで、カブレない方を選択。

汗をかかないように、過ごしました。

1日経って、病院で 外してもらうと、
それでも 4か所に 跡が 残っていました。

その後、心エコーを取って、
結果は後日。

自分の心臓が動く様子を エコーで 初めて見ました。

歳の性には したくないけど
何でも、歳と共に 不具合が出るようです。





NHK大阪の隣の建物 大阪歴史博物館。
明治維新150年/ NHK大河ドラマ 特別展の「西郷どん」。
開催期間中の金曜日は、20時まで開館。

毎週 日曜日の大河ドラマを楽しみにしているので、
今回の展示、いろいろと興味深かった。

西郷隆盛ゆかりの品々を紹介するほか
島津斉彬や篤姫、大久保利通など、
深くかかわった人々にまつわる資料も多数展示。

西郷が妻、愛加那に宛てた手紙や、
大久保利通から 西郷宛の手紙など 手紙も何点か。

こちらは、音声ガイドと 展示横の説明を読まないと 
何が書いてあるか分からないけど・・。

西郷隆盛の体系は、180cm 110kg とか。
軍服が飾られていたけど、本当に大きい。



毎年 8月4日は、お寺で施餓鬼法要があるそう。

主人が亡くなってから お付き合いができたお寺。

三回忌の法要の後、お坊さんが帰り際に
「今年の施餓鬼はどうされますか?」

親戚が、私の返事を聞いている中で
「お願いします」
としか言えないシチュエーションだった。

「お盆の前の仏教行事」ぐらいしか認識がなかった。

去年の一周忌のときも同じシチュエーションだった。

平日だったので 施餓鬼はお願いしたが、
お参りはできず、後でお寺に取に行った。

そもそも 施餓鬼とは何?・・・
ネットで調べると・・下記のように書いてあった。

「施餓鬼とは、お盆の時期に行われることが多い仏教行事の一つです。

 餓鬼(がき)とは、俗にいう生前の悪行によって
 者の世界に落とされた魂や無縁仏となっているような
 霊や魂の事を言い、常に飢えと乾きに苦しんでいるものを指します。

 施餓鬼とは、そういう者たちにも食べ物や飲み物などの
 供物を施すことで餓鬼の供養を行う法要行事です。

 お盆には亡くなった祖先や家族たちの供養を行うのと同時に、
 餓鬼の供養も行なって徳を積むことで
 自分にも救いがあるとされています。」


お寺に行くと、施餓鬼料をお支払いし、
順番に 名前を呼ばれ、拝んだあと、お焼香をして
後ろにあった スイカ と お米に 葉っぱを使って
水をかけた。

施餓鬼供養と書かれたお線香と 
薄い木に戒名がかかれたものと
5色の紙を切って、細い竹で挟んだものを 
頂いてて帰った。

でも でも 何だか良く分からない。

京都のお寺に行ったり、仏像を見たりするのは 嫌いじゃない。

しかし、仏教は 私にとって 日常からかけ離れていて
余りにも 遠い。

ーーーー

お昼からは、月に1回の遺族会(ささえ愛ネット)。

今日は、「いまさら聞けない仏事とお墓の事」という
講演でした。



大阪中之島にある国立国際美術館で
「プーシキン展  --旅するフランス風景画」。
金曜日と土曜日は、夜9:00まで。

しかも 金曜日と土曜日の午後5~9時に限り 
会場内の写真撮影 “Photo OK” なんです。(ビックリ)

撮った写真をUPしても良いと書かれていました。

ロシア モスクワのプーシキン美術館からフランス絵画
風景が65点を展示。

 

これはパネル モネ(草上の昼食)

(草上の昼食)と言えば、パリ オルセイ美術館にあった 
マネの縦3mぐらいあった大きな作品を思い浮かべるけど・・。

横に解説のためにパネルがありました。
モネもこの作品に触発されたとか・・
この作品を見た時、女の人の視線にドキットしたなぁ。


モネ(白い睡蓮)パリ近郊のジベルニーの庭の睡蓮。
バスで ジベルニーのモネの家に主人と行ったなぁ~~。
睡蓮、咲く季節では無かったけど・・
お庭には花が咲き乱れてとても素敵なところだったなぁ。
と、しばし 感傷的になったりして・・


ルノワール(ムーラン・ド・ラ・ギャレットの木陰)


ゴーギャン(マタモエ 孔雀のいる風景)タヒチで。

ルソー(馬を襲うジャガー)想像力を駆使して描いたとか。

他にも、ロラン、コロー、セザンヌの作品も。

心に栄養を!



今夜は ホテルで テーブルマナー講習会に参加。(半分仕事)

考えてみると ホテルでちゃんと講習会を受けるのは 初めてかも。

サンプル的に 色々な ナプキンのセットをしてくださっていた。
初めて見たのは、鶴の首のような感じのもの。
扇形、熨斗の形、タケノコの形 いろいろ

椅子は、左から座る。これは、知らなかったなぁ。

膝にかけるナプキン 手前を輪にするのは知っていたけど、
上の方を短くして 下を長くするのは 知らなかった。

前菜 スープ 魚料理 肉料理 デザート コーヒーと
コース料理。

それぞれ お料理に合うワインが提供されて食事を美味しく頂く。

ついつい お隣の方と会話が弾んで マナーは適当になりがち。

魚が切り身で良かった。
骨とかあると なかなか難しいものね。

楽しいお食事会でした。
ーーー

帰り 最寄り駅で偶然 ご近所さんとバッタリ。

ほんの少ししかワインを飲んでいないし、もう時間も経っているし・・
「自分の車で帰ろうかと思っている」 と言ったら、

「タクシーで」 と勧められた。

「飲んだら 乗るな」と頭では分かっていても、
翌朝の出勤を考えると ついつい 面倒になり・・・

ここで 彼女に合わせてくれたことに 感謝!
そして 彼女が言ってくれたことに 感謝!

明日の朝は、ちょっと不便でも バスか 徒歩かで。



6人の声楽家で結成されたグループのアカペラコンサート。

異例の東からくる台風も 朝には大阪を通過して。
被害もさほど無く 電車も動いたので コンサートに行けました。

メンバーのお一人が カルチャースクールで
歌の指導してくださっている先生。

いつもながら幅広い選曲で 親しみのある 楽しいステージでした。
ヨーロッパ・ルネッサンス音楽からビートルズ・ナンバーまで。

カウンターテノールの方、本当に 良くあんな高い音域で歌えるなぁ。


公民館での無料のカルチャー講座で3回で完了の
「コミュニケーション能力アップ講座」に参加しました。

1回目 あなたの影響力を高めるコミュニケーションとは?
2回目 ビジネスでも役立つワンランク上の言葉の使い方
3回目 売り言葉に買い言葉。怒りをコントロールする方法

ワークもあって 楽しい口座でした。

まだまだ、奥が深いようで、3回では ほんの少しかじった程度。

その中でも心に残ったことは

「怒り」は第2次的感情で
「つらい」「苦しい」「淋しい」「悲しい」「不安」という
ネガティブな第1次感情で心の中にあるコップがあふれて
「怒り」という感情が生まれる。というところ。

「怒り」の正体は「べき」

そんな風に 考えたこともなかったなぁ

もっと若いときに聴いていたら、子どもに
自分の「〇〇すべき」と言う自分の価値観を押し付けて
怒ることが 少なくなっていたかもしれないなぁ。


広報での募集で集まった今回メンバーは、
おばさん9名 おじさん3名の 12名。

不思議と若い人は いなくて、40代後半~60代前半でした。






今年の「1万人の第九」の抽選発表がネット上であり、
抽選に漏れました。

残念!

指導されている先生の合唱団いに入り
グループで応募すると 必ずメンバーに入れると聞きました。

男性は少ないので入れるのだそうです。

きっと 神様が 今年は忙しいので 第九の練習に行く時間がないよ。
と言っているのだと思うことにしました。



忍者ブログ [PR]