忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
フリーエリア
最新CM
(12/18)
綺麗~!(返信済)
(12/18)
辛いですね~(返信済)
(11/14)
(11/14)
(11/10)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
2018年12月26日~2019年1月1日 
ツアー 一人参加で マルタ島へ。

ドバイで トランジット。
キプロス島 経由で 地中海のマルタ島へ。
長~い フライト。

イギリス領であったことから 公用語はマルタ語と英語。

ヴァレッタの自由行動で、先ずは、「国立考古学博物館」へ


マルタのヴィーナス
ふくよかなのが、豊穣の印。

考古学博物館は、かつては 聖ヨハネ騎士団のプロヴァンス地方出身者の宿舎。
1Fは、先史時代の巨石神殿をはじめ神殿から発掘された品々が展示。
2Fは、古代フェニキア、カルタゴ、ローマ時代の遺品を展示。

ーーーーー

「マノエル劇場」
当日券を20€でゲット。
4Fの天井桟敷席。
私の横にスポットライトがあり、動かすと 頭に当たりそうになる。
写真は、その4Fの席から 舞台をみたところ。(開演前)


外壁は、あまり目立たないのですが、
中は、格調が高く 素敵なホールでした。
ガイドブックには ヨーロッパで第3位の歴史を誇る。
と書かれています。

演目は、“Sleeping Beauty the Panto”
“眠りの森の美女
Panto パントとは、「(クリスマスに演じられる)おとぎ話」のこと。
私は、舞台が始まるまで パントマイムだと思っていた!?

5年ぐらい前の映画 マレフィセントをちょっと喜劇にして
子ども達を楽しめるように 客席との掛け合いを入れて構成されていました。

たまたま 見た映画だったので ストーリは良くわかりました。

でも、冗談も沢山言っていたようで、
何回も どっと笑いが起きていましたが・・・、
ついて行けてなかった(涙)

ーーーーー

「アズール・ウインドー」 
マルタ共和国は、マルタ島 ゴゾ島 コミノ島 と2つの無人島。
マルタ島から フェリーで20分 コゾ島へ。

数千年の風と波の自然の浸食で作られた 自然のアーチでしたが、
2017年3月8日に崩落してしまった。
現地ガイドさんが 手に持っているのは、崩落前の絵葉書。
残念!
想像 するしか ありません。
 


ーーーーー

「イムナイドラ神殿」マルタ島
紀元前3600年~2500年
春分の日、秋分の日には、神殿入り口から登る太陽の光が
差し込む構造になっていると説明がありました。
古代人の神秘を感じます。



他にも多数の巨石神殿があります。

ーーーーーー

「聖ヨハネ大聖堂」(マルタ島 ヴァレッタ)
マルタ騎士団の守護聖人ヨハネに捧げられた教会。
外観は簡素ですが、内部は、びっくりするほど豪華。



「聖ヨハネ大聖堂美術館」
必見は、カラヴァッジョの「聖ヨハネの斬首」(写真)と
「聖ヒエロニムス」


主人と最後に見たのも カラバッジョ展だったなぁ。

ーーーーー

「青の洞門」
小舟で揺られて。
海の色は なんと美しいブルーでしょう。


幸いお天気に恵まれて楽しい旅となりました。
PR






あべのハルカス美術館で 勤め帰りに
生誕120年「エッシャー展」に立ち寄りました。

20時まで開館していて 嬉しいワ!

一度、本物を見たいと思っていました。

超現実 
チケットの絵は、視線を階段に沿わせて動かすと
いつのまにか ありえない重力方向になってる不思議な作品。

メタモルフォーゼⅡ という作品は、4mもあり
文字から始まり、形がどんどん変化して また文字に戻る。
これもまた 独創的。

コンピューターもない時代に「版画」で作られた
緻密で 独創的な作品ばかり。

その時代は、なかなか理解されなかった
と音声ガイドは 言っていました。

今、時代が追いついたのかも。



OSAKA光のルネサンス2018
 

中之島の大阪市立中央公会堂の外壁にプロジェクションマッピング。
音楽に合わせ 圧倒的される色の動くアート。
メチャ 綺麗!
今年は中央公会堂開館100年を祝う、光のアート。

ケヤキ並木に150mの光のトンネル。

台湾の1000個のランタン


御堂筋のイルミネーション。

あちこち綺麗です。

ーーー

中央公会堂で カルチャースクールで歌を教えていただいてる先生のコンサートがあり
それを聞くために 中央公会堂へ。

こちらも クリスマスらしい趣向で楽しめました。

素敵な時間を過ごしました。
独りはちょっと寂しいけど・・・




孫の誕生から100日をちょっと過ぎましたが
お食い初めをしました。

私も行って お膳を作りました。


生後3か月の孫は 1週間前、予防接種を5本(4本+経口)を受け
その晩から39度5分の熱を出し、
結局 3日間 入院しました。
大事をとった形です。

上の4歳の子どもが そのさらに1週間前、
風邪ひきで熱を出していたので それをもらったのか?
予防接種の副反応なのか?
原因は、分かりませんでした。

そんな訳で、無事にお食い初めが出来て良かった。

一生食べ物に困らないよう と願うそうです。
歯固めの石も 食べさせる格好もしました。

丈夫で元気に育ちますよう!







2018年11月23日(金・祝)
吉野山 勝手神社境内で「吉野 古典芸能を楽しむ会」を観ました。

昨年から 始まった企画らしいのですが・・

吉野に関わりのある古典芸のということで
今年は
人形浄瑠璃「寿 三番叟」
現在に生きる古典芸能「この星に生まれて」
地元演奏者とコレボレーション「遥想 吉野山」
「義経千本桜」 でした。

人形使いの方、篠笛奏者、和太鼓奏者、ネイ奏者(トルコの葦笛)
それぞれ 素晴らしく 楽しませて頂きました。

入場は無料でした。

最後に人形使いの方が 会場全員に呼び掛けて
「来たぞ 来たぞ 元気玉 来たぞ・・・」
と皆で 太鼓 笛に合わせて 合唱します。

とてもパワーを貰えた気がしました。 




関西だけのTV番組で「せやねん!」があり、
「メルカリでええもん売ろう!」というコーナーの取材に
2週間ぐらい前に 実家の店に 
ミキと言う2人組の芸人さんが 来られました。

放送は、11月17日(土)お昼。

父は名物おじいちゃんで
ときどき 取材の申し込みがあります。

父から「最後のTVになると思うので ビデオに撮って欲しい」と。
自分で 番組予約が出来ません。
まして それをダビングすることも無理です。
父は、昭和 ひとけた生まれ。

ホスピタリティーだけは、人一倍 強いけど。

取材が終わって・・母から
「何か 今回は、メルカリとか言うのに 出品してほしい。
 番組で売る という話やったけど、メルカリって何?」

お店は土産物屋で 吉野葛 吉野和紙 吉野雛(父が彫っている)なども売っていますが、
昔から 大峰山に登る 山伏の道具も売っています。

そんなこんなで タレントさんが 山伏の衣装を着て
法螺貝の吹き方を 父から教わり・・
(殆ど 鳴らなかった・・)

番組趣旨のメルカリで売るものを 
「法螺貝の口のついていないもの(貝そのもの)」
になりました。

法螺貝は、音が鳴るように 口を付けるのが難しいのです。

40cmほどの大きさで 口を付けて 15万円程度します。
口の付け方、貝の大きさ、色、艶、胴張 
音を出したときの音色 で値段が決まります。

放送されなかった部分で 最初 手ごろな値段の
吉野和紙のスタンド になる予定でしたが、

メルカリへの出品は、「法螺貝にしたい」と TV局から。

番組の面白さや インパクトからでしょうね。

口の付いていない 貝だけの やや小さめのものを2万円で出品。
インテリアに使ってください ということで・・

あのサイズの法螺貝で 2万円は、掘り出し物ですが・・
メルカリの出品としては、高い目。

ハラハラしながら TV放送を見ていましたが、
生放送の番組中には売れず・・

結局、番組が終わってから 娘が携帯で確かめたら 
「SOLD」となって 売れていました。

という私も メルカリのアプリを使ったことがなく・・。
20代 30代が 中心に 使っている感じ・・?

メルカリを使っている人と 法螺貝を買いたい人が
ミスマッチではないのかなぁ と思ったり・・・





「コーヒーが冷めないうちに」
「この嘘がばれないうちに」
そして 最近出た3作目「思い出が消えないうちに」

とある喫茶店の、とある座席の不思議な話。
その席に座ると、望んだ時間に戻れるという

ただし、非常にめんどくさいルールがある。

それでも、会いに行く。

という小説。

亡くなった人は、残してきた人が 
幸せに暮らすことを 望んでいる場面が出てきます。

最後のページに書かれていた言葉に 
久しぶりに 泣いてしまいました。

「私は思う。人の死自体が、人の不幸の原因になってはいけない。
 なぜなら、死なない人はいないのだから。
 死が人の不幸であるならば、
 人が皆不幸になるために生まれてきたことになる。
 そんなことは決してない。
 人は必ず幸せになるために生まれてきたのだから・・・」





9月4日の台風被害のその後は・・

先ずは、看板を飛ばした住宅会社に連絡をとり、
現場を見に来てもうことと
瓦礫の撤去をお願いしました。

そして 今後の対応を話します。

「台風なので・・、自然災害なので・・・、
 ご自分の入っている火災保険を使ってください。」と

こちらが被害を受けたのに・・・
ちょっと納得いかなかったので
知り合い相談したら・・

自分の入っている火災保険で直す 
というのが、常識らしい。のです。

初めて知ったw。


保険会社の電話は いつかけても 話し中。
10日後にやっと繋がったよ。
電話が殺到していたらしい。

工務店さんに 修理の見積もりを取ってもらう。
こちらも順番待ちだったw。
「まだ、ブルーシートをかけに回っている段階なので
 暫く待ってほしいと・・」
(台風から 10日後に電話した時)

工務店さんから出た見積もりと 被害状況の写真と
保険会社の所定用紙に必要事項を記入して 一緒に送りました。

1カ月後 見舞金として 見積もり金額の一部 支払われました。
被害の全額がでませんでした。

でも これは、規定通りです。

こんな時にしか 読まない、小さい字で書かれた約款。
そこに 被害額に応じた 支払わる金額が書かれています。

それを、また看板の飛ばした 住宅会社に見せて
足が出た分を 支払ってくれるよう 交渉してみました。

看板を飛ばした住宅会社は、真摯に対応してくれて
見積もりの 保険会社から出た金額を差し引いた残額を
支払ってくれた。
やっと お金のことが解決。

あー疲れた。

工事は、未だに 順番待ち。
年内に工事をしてくれるのやら・・・

先日、久しぶりに電話をかけてきた 知り合いに この話をしたら、
「それって、いろいろ うまく行ったほうや。
 皆、早く対応してくれて 良かったね」
という 反応でした。

話を聞くと その人の家も あの台風で 
酷い被害に遭っていました。

お願いだから 台風 もう 来ないで!!

最近の台風は、温暖化のせいか 
以前より勢力が強いような気がします。




誘っていただいて 初めて 裁判を傍聴しました。

大阪地方裁判所です。
裁判所 入り口では 空港であるような 持ち物検査があります。

裁判を傍聴中は
私語厳禁。
写真も録音も禁止。
携帯も電源をOFFに。

「覚せい剤取締法違反事件」と
「詐欺未遂事件」を傍聴しました。

TVや映画でしか 裁判を見たことがありませんでした。

目の前で繰り広げられる 被告人 弁護人 検察官 裁判官のやりとり。

普段使わない言葉も・・

緊張感もあり 良い勉強をさせてもらいました。



 







カルチャースクールで 習っている 歌の発表会。
20人ぐらいが ソロで歌います。

イタリア歌曲、ドイツ歌曲、日本歌曲 それぞれです。

現状発表会です。

ソロで
O del mio dolce ardor / Gluck
Vaghissima sembianza /  Donaudy

イタリア歌曲のグループで
Le Violette  /  Scarlatti
Malia / Tosti

やっと 暗譜が間に合いました。


忍者ブログ [PR]