忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
7 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
良かったら(返信済)
(05/15)
いいですね~(返信済)
(05/14)
(03/14)
(01/05)
(01/05)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
「おら おらで ひとり いぐも」

TVで 63歳の新人、芥川賞受賞作家、
若竹さんのことが 放送されたのを偶然、目にしました。

作家自身も5年前に ご主人を亡くされて、
今、自然とも心を通わされている様子でした。

小説の主人公も 子ども2人育て上げ、
主人を亡くし「老い」を生きて行く小説です。

本のタイトルに魅かれ、
私も何か 生きて行くヒントがあれば、、、と読んでみたくなり、
図書館へ。

何と「1冊の本で 現在 25人待ちですので、気長にお待ちください。」と。

1人 3週間まで借りられるということは、
半年先? 一年先? 待っていられない。

買って読むことに。

東北弁があちこちに。
声を出して読んでみると、案外、しっくり。

そんなにシリアスでも無く、笑いもいっぱい。
主人公の内からも いろいろな声が聞こえてきます。

最後は、お孫さんとの時間が、温かい気持ちで終わる感動作でした。

人は基本、独りで生きて行くけど、
はやり 人と繋がっているものですね。

PR


“”人生を変える「声」の力“”を読みました。

きっかけは、お風呂に入りながら ラジオを聞いていた時、
その一部分を偶然聞いて、全部読みたくなったからです。 

自分のしゃべる声を録音して、良いと思う声を拾い、
いつもその声が出せるように練習すること

その良いと思う声が
自分の本物の声(=オーセンティック・ヴォイス)

声をオーセンティック・ヴォイスにすることで、
「本当の自分」で生きていくことができるのだ
そうです。

自分自身の本当の声を知ることで、自分の豊かな世界を見いだせるのだそうです。
ーー

声の出し方で

ヨーロッパは石の建物が多く、反響する場所では
声を張り上げる必要がないので、喉は自然にリラックスして
声に深みを帯びて響くようになる。

それに比べ 日本は木と紙(障子、ふすま)の
建物が多く 共鳴しにくいから 
自然と喉に力が入り、胸ではなく喉の上方で響きを作る発声になる。

というところを読んだ時、
とても納得できました。

環境が民族の特性も作り出すのだということを知りました。




この連休を利用して 娘夫婦と孫が わが家へ。

土曜日、雨模様の中、図書館へ行って「ビック ブック」を借りてきました。

読み聞かせ用の大きな本。
孫の背丈より大きい本です。
  


庭に植えていた たった1株のサツマイモも、掘りました。

サツマイモより、葉っぱの間から飛び出したバッタ や
地面にいたダンゴムシに ビックリしていた 孫でした。

台風の影響で、昨晩、凄い雨風でした。

「雨戸がガタガタいうのが、とても うるさく感じた」と 娘。
マンションは、雨戸が無いものね。


息子が「蜜蜂と遠雷」と言う本を持って来て、
これ面白かったよ。と言うのです。

見るからに分厚い本で 507ページもあり、しかも2段組み・・・
という超大作。

途中で放り出してしまわないかと ちょっと心配したけど・・

次から次から どう話が展開するのか?
どんな演奏をするのか?
どんどん、読み進めたくなり、時間も忘れて
読んでしまいました。

とてもテンポ良く読めました。


タイトルからは、内容を想像できません。

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクールが舞台で、
1次予選から始まり、2次予選、3次予選と続きます。
そして初めから終わりまで、ピアノコンクールの話が貫かれています。

個性的なキャラクター達。

才能と運と・・

物語に出てくる演奏者の見せてくれた世界。

私も、こんな素敵なピアノ演奏を生で聴いてみたいものです。


通勤の地下鉄で ドアのところに立っていたら、
車内広告が目に入って来ました。

本の広告

「コーヒーが冷めないうちに」
 過去に戻れる 喫茶店を訪れた 4人の女性たちが 紡ぐ
 家族と、愛と、後悔の物語。
 4回泣けます。
 本屋大賞ノミネート!

というのを見て どうしても 読みたくなりました。

図書館は、本の整理期間で1週間休み。

物を増やさないでおこう と思っているのに
本を購入。

話の内容は、いろいろ めんどくさいルールがあるが、
それをクリアしたら “”コーヒーが冷めないうちだけ“” 過去に戻れる。

しかし、現実は決して変えられない。というルールがある。

私も 過去に戻って もう一度 主人に会いたい。
会って「ごめんなさい」と「ありがとう」を言いたい。
と思っていたから、この本に ひかれたのかも・・

心の琴線に触れるものがありました。
読み終わったら、なんか 心が温かくなっている気がしました。


今回で2回目の参加となる「朗読会」。

漱石 生誕150年、没後100年ということで
今回は、夏目漱石「こころ」と「坊っちゃん」でした。

朗読と言っても、本を読むわけではなく、
「語って」くださるのです。

何役も一人で、語り分けをされるのです。
すぐにその作品に引き込まれていきます。
そして、頭の中にその光景が、不思議と
はっきり見えてくるのです。

日曜日の午後、図書館の2階で、素敵な時間を過ごしました。

ーーーー
「こころ」は、小学6年生の夏休みの読書感想文の
 とんでもない 思い出があります。

もう、時効だから話しちゃおう!

私が書いた 下手な読書感想文に伯父が、手を加えて
とても良いものになってしまったのです。
そして、それが 表彰されてしまい・・・
今さら、私が全部書いたものでは無い。
と言い出せなくて・・
とても、困った思い出があります。


先日、友人から「これ読む?」と手渡された本。
「老前整理」 坂岡洋子著。

私は、引っ越しを1回もしたことがなく、
結婚して35年。
物は、増える一方。
読まない古典全集も捨てられず、
結婚の時に両親が持たせてくれた着物も和ダンスも
大きな顔をして居座っている。
子ども達も独立し、主人も半年前に亡くなり。
生活がいっぺんした。
一人暮らし。

田舎なので、30年ぐらい前、収納小屋まで 建ててしまった。
なまじっか、収納できるのが、また、よくない。
いろいろ 捨てられなくて。
整理できない。

この本は、整理術のノウハウではありません。

よりよく生きるために、今からできること。
がテーマになっていました。

物が沢山あることが豊かで幸せな暮らしという幻想から、
本当に大切なものは何か?を考え、
ゆっくりと整理していく。
過去の自分と向き合い、これから自分が、前向きに
どのように生きていくかを考える。
というものでした。

遺族会の入会のときにもらった「エンディング ノート」と
通じるところがあると思いました。

残された遺族が、困らないように
生前から、どうのようにして欲しいのかを
残しておくノートです。
でもいざ、書こうとすると、1行も書けません。
自分の考えがまとまらない。のです。

きっと物を整理する前に、心の整理が必要。

もっと時間をおいてから ゆっくり整理していこう!



2007年3月28日(Wed)

本

ハノイから帰ってすぐに父から「国家の品格」の本を読むよう渡された。
ずーとほったらかし。

明後日から吉野に10日ほど手伝いに帰るので、それまでに読んでおかないと・・・
せっぱ詰まってやっと宿題をした感じです。

タイトルが厳めしいので、もっと読みにくい本かと思いきや、意外に読みやすい。

いろいろ、その通りと思うこともありましたが・・・
1つだけ言いたいことがあります。

著者は、「英語を公立の小学校では、教える必要はない。」
と言う考えですが、私は必要があると思います。

日本にいる限り、全く英語が話せなくても何の不自由もないけれど、ひとたび日本を出たら、英語が話せないと何もできない。
私も学生の間は、中学校から普通に英語の授業もあったけど、自慢じゃないけど、何もしゃべれない(涙)。
私の努力が足りない。と言われてしまえば、それまでですが・・・
何の努力もいらない小さい時から、耳から覚える英語は、本当に大切だと思います。
この年齢では、何度聞いても頭に残らない・・・・(泣)

それに、著者は続けて、
「英語は、家庭の教育として教えるのは構わない。スイミングスクールやピアノのレッスンのを受けるのと同じです。・・子供達に英国人の家庭教師を付けていました。」
これは親の財力と住んでいる環境によって可能にはなりますが・・・
そんなことが出来るのは、恵まれたごく一部の人だけだと思うのですが・・・・


忍者ブログ [PR]