忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5
8 9 11 12 14
15 16 17 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
おめでとう!(返信済)
(10/11)
(07/24)
(07/16)
素晴らしい!(返信済)
(05/11)
無題(返信済)
(02/09)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160
2006年12月21日

2006年もあと10日になり、何だか慌ただしくなってきました。

ハノイ歴史研究会のSさんが、コーロア城に行って来られ
三重の土塁の写真を送ってくださいました。

私が【ハノイ再び(10-7)11月27日に書いた11月17日のブログ】
行った時、三重の土塁が結局分からず、
建物だけを見て帰ってきてしまいました。
それを聞いたSさんが写真を送ってくださいました。

コーロア城二重土塁 コーロア3
    コーロア城二重目土塁      三重目土塁から後方二重目土塁

【丁度スケッチ12月号にコーロア城へバスで行く方法が、
 紹介されていましたので、行ってきました。

 アンズオンヴオン神社の前に池を背にして立つと、
 左前方に田んぼや木々のどかな風景が広がっていたと思います。
 そこに、3重の土塁がのびているのです。
 (一重めは神社のすぐ左脇の小高いところ)
 本当に数メートルの高さと幅の土盛りと木が続いているだけですから、
 教えられなければ自然の地形のようにも見えますね。】


木が植わっていて、自然の地形のようで、教えて頂かなかったら
これが土塁の一部だとは分かりませんね。
11月17日は、せっかく現地まで行ったのに土塁が分からず、
少し心残りだったので、今回写真を送って頂いてすっきりしました。
ありがとうございます。
路線バスで行く方法があったのも知りませんでした。

まだまだ、行きたかった所もありますが、もし、ハノイに行くチャンスがあったら、訪れてみたいと思っています。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
コーロア遺跡について
こんにちは。はじめまして。

遺跡巡りを趣味としている者です。突然で恐縮なのですが、ハノイ近郊の遺跡情報を探しておりまして、貴ブログに出くわしました。

情報が得られれば、来月ハノイに遺跡訪問に出かけようと計画中です。

もしご存知であれば、コーロア城遺跡、ルンケー城遺跡への行き方をお教えいただくことは可能でしょうか。ハノイからのバス停留所の名前と、近隣の目印(寺院などの名称)、あわよくば、地元でどのように呼ばれているか、などがわかると非常に助かります。

最悪の場合、ハノイの歴史博物館で調べることも可能かと思いますが、これについても、英語が通じるか、どうか、もしご存知でしたら、お教えください。仏語しかNGとなった場合、予め仏語で質問事項を記載してでかけようと思いますが、このあたりの方針を決めたいため、情報をいただけますと助かります。

よろしくお願いいたします。
Solaris1 2007/10/22(Mon)20:49:20 編集
Re:コーロア遺跡について
はじめまして、
私がコーロア城遺跡に行きました時は、お友達の車で連れて行ってもらいましたので、「地球の歩き方」に載っている程度しかわかりません。
一度、Sさんにメールでお尋ねしてみますね。
ルンケー城遺跡は、申し訳ないのですが、知りません。

ベトナムでは、若い人は、英語の方が通じます。
お年の方は、フランス語が通じるそうです。
ただ、ローカルに行くとベトナム語しか通じないことが多いです。
【2007/10/23 16:35】
ありがとうございます>コーロア遺跡
ご回答、どうもありがとうございます。
もしご友人の方から情報が得られるようでしたら、お教えいただけますと助かります。
もう一つ追加で、ご存知でしたらお教えいただけると助かります。「コーロア」や、「ルンケー」の発音は、日本人が普通に発音して通じるのでしょうか?確か、ベトナム語には、中国の四声のようなアクセントが6種類あると聞いたことがあります。ベストは、ベトナム語で「コーロア」「ルンケー」の発音と「遺跡」という単語と発音などご存知でしたら教えてください。実は当方中国在住なので、地球の歩き方も、中国版しか入手できないと思うのですが、一応調べてみます。
可能な範囲で結構ですので、よろしくお願いいたします。
Solaris1 2007/10/24(Wed)09:14:36 編集
Re:コーロア城遺跡への行き方
ベトナム語は声調が6つあります。私は全く話せませんが・・・
たとえばmaでもaの上や下にスマート(記号)が付くことによって ”おばけ しかし ほぼ 墓 馬 苗”と6つの意味があります。
そして、ベトナム独特の記号なので、私のPCでは書き表すことができません。

「地球のあるき方」に、「コーロア」も「ルンケー」も載っていませんでした。ベトナムにいたとき、愛用していたので、載っていると思いこんでいました。申し訳けありません。

コーロアはハノイから北に車で40分ぐらいの所です。
ベトナム語で「遺跡」は「di tich」と書きます。tiのiに左下がりのスマートが付きます。

Sさんからお返事頂きましたので、そのまま掲載します。
『コーロア城(Thanh Co Loa)への行き方はスケッチのHP
http://www.vietnam-sketch.com/north/area/hanoi/2006/12-001.html
をご覧ください。
そこにあるように、ロンンビエン橋から15番か17番で行き、「コーロア入り口(Loi Vao Co Loa)」で下りて20分ほど歩きます。
帰りはコーロア城に近いところから46番に乗り「コーロア入り口」で下り、15番か17番に乗り換えます。(行くとき歩いたから帰りはもう歩く必要がないということです) 
 ロンビエン橋のバス停はわかりにくいですし、どこで下りたらいいかわからないですから、予めベトナム語で聞くことをメモしておく必要がありますね。

 ルンケー(Lung Khe)城跡は、私は見たことがなく、どの程度のものが残っているのかわかりませんが、場所はバクニン省トゥアンタイン県タインクォン社(Xa Thanh Khuong Huyen Thuan Thanh Tinh Bac Ninh)にあります。
ルンケー城のすぐ近くにあるザウ寺(Chua Dau)というところへ遠足に行ったことがあり、そのときザウ寺はルンケー城の南に隣接すると、大西先生から説明がありましたが、城跡のほうは見ませんでした。
ザウ寺は、「地球の歩き方」などに載っているブッタップ寺(Chua But Thap)から南に3kmくらい行ったところです。ロンビエンやLuong Yenから路線バスが出ているようです。

 ハノイから一日車をチャーターしても6,7千円くらいで行けると思いますが・・。』
ということでした。

文中の「スケッチ」は、ベトナムで日本人向きに出している小さい月刊の雑誌です。
ホアンキエム湖の北側に、たくさん小さな旅行社があります。
そう言うところで、車のチャーターなどできますよ。
【2007/10/26 16:21】
無題
ありがとうございました!
3km圏内までいけて、ある程度発音がわかるのであれば、まず行けるものと思います。あと、これだけの情報があれば、首都の博物館で情報を集めることができるでしょう。コーロア城は、ここまで詳細な情報が得られるとは思っておりませんでした。あとはチケットが買えるかどうか。これから買いに行きます。インターネットの威力に今回も感謝です。ありがとうございました!
Solaris1 2007/10/26(Fri)20:22:55 編集
Re:うまくいくと良いですね。
お役に立てれば幸いです。お気を付けて行ってらっしゃい。
【2007/10/26 23:01】
無題
こんにちは。お蔭様で予定通りの遺跡訪問ができました。コーロア、ルンケー、ヴァーデン(タンロン)ハノイ城の4つを効率よく回ることができました。ルンケーは、204番バスで50分程度、ご紹介いただいたザウ寺という名前のバス停がありました。ルンケーは、歴史博物館のパンフで見ると、漢代の墓があるようですが、歴史博物館は、古代を扱った1階が改装中で、あまり情報が集められなかったことと、現地では、語学の問題もあり、土塁と堀しか確認できませんでしたが、満足しています。ありがとうございました。
Solaris1 2007/11/27(Tue)11:22:13 編集
Re:無題
お帰りなさい。無事4つの遺跡を回られたようで、安心しました。
私は1年4ヶ月ハノイに住みましたが、一人でバスに乗るには、かなり勇気がいりました。まして初めての所に行くときは、緊張しましたよ。
歴史博物館は改装中だったのですね。古代のコーロアの展示は、少ししかありませんが・・・
それにしてもSolaris1さんは、凄い行動力ですね。
【2007/11/28 16:49】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]