忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
6 7 8 9 10
14 17 18
20 21 22 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
おめでとう!(返信済)
(10/11)
(07/24)
(07/16)
素晴らしい!(返信済)
(05/11)
無題(返信済)
(02/09)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494]  [492
家の耐震工事をしました。

昭和56年に耐震基準が変わったそうですが、
その何か月か前に 旧耐震基準で家が建っており
阪神大震災クラスの地震がくれば、倒壊すると検査で出たのです。

耐震箇所は3点
①屋根を軽くする。瓦からスレートへ。
②壁を多くする。一部の壁を耐震壁にする。
 家全体のバランスも考えて。
③基礎を強固にする。

ーーー
②の壁を替えているときは、すごい埃でした。
 何せ、わが家は土壁なのもで。

③の基礎を工事しているときは、
 凄い振動と騒音がありました。
 土曜日、家にいるだけでもすごかったです。
 平日、仕事に行っていて良かったぐらいです。

ーーーーー
家のトイレとお風呂のリフォームもしました。
20年先を考えて、トイレとお風呂に手すりも付けました。
トイレは、簡易水洗から水洗になりました。
お風呂は、タイルばりから、ユニットバスになったので
予備暖房も付、快適になりました。

1か所が綺麗になると、汚い他のところが気になって・・
でも、古いから仕方ないし、気になりだすとキリがない。

耐震工事は、地震が来たとき、家を現状のまま維持できるのではなく
ペチャっと潰れない。命が助かる。ということを目的にしているのだそうです。

2か月以上かかりましたが
安全と安心を持つことができるようになりました。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
良かったですね!
新しくなった、お家は気持ちがいいでしょうね~
こちらは、自宅を貸したまま、ずっと、住みたい町で家を借りて老後まで?過ごす事になるかも?ですw
杉本 2016/02/10(Wed)11:42:00 編集
Re:良かったですね!
耐震部分は分かりませんが、
リフォームしたところは、快適になりました。

まっきーさんのように 住みたい町で住めるのも良いですね。

私は、毎日、田舎から通勤電車で通うのが大変です。
【2016/02/10 20:11】
忍者ブログ [PR]