忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5
8 9 11 12 14
15 16 17 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
おめでとう!(返信済)
(10/11)
(07/24)
(07/16)
素晴らしい!(返信済)
(05/11)
無題(返信済)
(02/09)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294
2008年2月7日は、旧正月でした。

西暦の1月1日に、友人のベトナム人から
私のフリーメールに
「○○○○(私の名前) Happy New Year!」
と、グリーティング会社から可愛いカードがPCに届きました。

2月7日も、同じ形式で、私の名前も書いてあるカードが届いたのです。
旧暦のお正月のお祝いのカードをくださったんだと思い
クリックすると、

ウイルス対策ソフトが立ち上がり

「トロイの木馬を削除しました」

とコメントが出たのです。

よく見ると、差出人が違いました。
今回は大事に至らなかったけど・・・
なんて、バカな私。ちゃんと確かめないと!!!!

慌てて、ウイルス対策ソフトでスキャンしました。


●●ウイルス トロイの木馬●●
ユーティリティなどの有用なプログラムを装い、それを実行すると不正な処理を行うプログラムを「トロイの木馬」」と言います。
不正な処理には、システム内部からのデータの破壊や、キー入力情報の自動送信などがあります。
感染、増殖機能はありません。

●●トルコ トロイの木馬●●
トロイの木馬

トルコへパッケージツアーで旅行したとき、
トロイの木馬のレプリカがありました。

ホメロスの長編叙事詩で有名だそうです。
(読んだことありませんが・・・)

トロイ戦争
 トロイ戦争の発端は、美人コンテストの審査員となったトロイの王子パリスが、女神達にそそのかされて、スパルタの王妃ヘレネを誘拐してしまいます。
 ギリシャ軍は彼女を取り戻そうと、何度も進軍し、10年もの長い年月を費やしますが、取り戻すことができません。
 そこで一計を案じ、木馬と一人の生贄を残して、撤退したようにみせかけます。トロイ軍は戦利品として木馬を城内に引き入れ、祝宴をあげます。深夜になって木馬の中に潜んでいた兵が城内に火を放ち、舞い戻って来たギリシャ軍とで、あっという間に陥落してしまいます。この話は、紀元前1200頃の第Ⅶ市の時代と考えられています。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
トロイの木馬
感染なしでよかったですね。
トロイ戦争は映画で観た記憶があります。
その時は、事の始まりには興味はなかったですが、女性の視点は別にあるんだなと
今思いました。


太陽たつじん 2008/02/10(Sun)11:34:31 編集
Re:トロイ遺跡
ウイルス対策ソフトで削除できて本当によかったです。
自分の不注意さを、改めて思い知りました。
これからは気をつけますね。

トルコのトロイ遺跡は、紀元前3000年頃らしいのです。
その町を第Ⅰ市とすると、その後火災や侵略によって、
消滅、再建が繰り返され、紀元前300年頃の第Ⅸ市まで続いたそうです。
遺跡は、9層の遺跡が重なり、地上の建物は殆ど崩れていました。
ドイツ人ハインリッヒ・シュリーマンが1873年に発見したそうです。
【2008/02/10 16:43】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]