忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(08/17)
(08/12)
(08/09)
(07/31)
残念ですね~(返信済)
(07/05)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[567]  [566]  [565]  [564]  [563]  [562]  [561]  [560]  [559]  [558]  [557
月に1回の「ささえ愛ネット」に参加しました。

今回、ここ半年~2年内にご主人を亡くした4人グループで、お互いの話をしました。
しかも、奥さんは 皆50代でした。

私だけかと思っていたことが、そうでは無かったことに気が付きました。

4人とも、癌の発見から 亡くなるまでが、
3か月ぐらいで、入院しながらも 何も治療が出来ず、
ただただ、弱っていく主人を 見守るしかなかったこと。

世間では、癌を宣告されて 何度も 入退院を繰り返しながらも
何年も生きている人が 沢山いるのに
どうして、あんなに早く逝ってしまったのか?

何が悪かったのか と 悩み、自分を責めたこと。

何かもっとしてあげられることが あったのではないかという
後悔と、主人を亡くした言いようのない寂しさに
なんども 声を上げて泣いたこと。

悪気の無い 励ましの言葉に 傷ついたことがあったこと。

世間が楽しい、クリスマスや 正月、祭り、
土日の家族でのスーパーでの買い物に出くわすのが辛いこと。

誰もいない部屋で 人の気配を感じたことがあった。

なぜ、自分が残ったのか?
これからの長い人生、どう生きていけばいいのか?
答えは、まだ 分からない。

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]