忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
3 4 5 6 7
8 9 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
(09/13)
(09/12)
(09/11)
無題(返信済)
(09/02)
素晴らしい!(返信済)
(09/02)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[438]  [437]  [436]  [435]  [432]  [434]  [433]  [431]  [430]  [429]  [428
吉野の父が造っている 桜の木彫りの「吉野雛」。
それを紹介したくて、2003年にホームページを作りました。

今回、お客様から吉野雛のご注文を頂き、
お送りさせていただきましたら、

長い間 大切に持っていて下さっているメールを 
お嬢様から頂戴しました。
ご紹介させてくださいね。


『早速吉野雛を送ってくださってありがとうございました。
綺麗な桜の懐紙と絵葉書も添えてくださり、明日病院に居る母に
見せるのが楽しみです。

大正15年、大阪で生まれた母は、小学生のとき林間学校で吉野に来て
お小遣いで吉野雛を買って、奈良へ嫁ぐときも持ってきて、
今も大切にしています。

数年前、父と三人で吉野へ行ったとき、太田さんのお店で
懐かしいお雛様に再開。
色鮮やかでひとまわり大きくなった同じデザインのお雛様(小)を
頂きました。

今年一月に脳出血で入院して、記憶に混乱が見られるようになりました。
自分に起きたこと、場所や時がわかりません。 
元気だった母に起こったことが哀しくてたまりません。 
なのに、ある朝、
「ずっと考えてたんだけれど、お見舞いに来てくださった○○さんに
吉野のお雛様を、、、」と言いました。
昨日、家にある古いお雛さまと数年前に買ったお雛さまを病院へ
持っていきました。

子供のときの記憶、三人で訪れた太田さんのお店、全てはっきりと
話せました。
お食事をご一緒していた患者さんたちも、このお雛さまを
とても喜ばれました。
男の方も、85歳の方も、、、、。
お守り雛が母と、母の周りの病む方々に喜びを運んできてくれますように、
心から願っています。

今も可愛いお雛様を作ってくださっていて、本当に良かった。
どうぞお身体お大切に、これからも、人々のお守りになるお雛さまを
彫り続けてくださいますように。
ありがとうございました。』


蔵王権現さんが、桜の木で造られていて、皆を守ると言う事から、
桜で彫られた小さい吉野雛も、守り雛として昔から伝わっています。

入院中のお母さんの心に届いた「吉野雛」。
本当に嬉しく思いました。
どうぞ、少しでもご体調が良くなられます様にお祈りします。

父も最近は年齢を重ねて、彫るのが辛いことがあるようですが、
体力が続く限り、造り続けると思います。
(桜の木は、堅いのです)

数日前から 東京で行われている奈良県物産展にも、
吉野町商工会からの依頼があり、出展したようです。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
良かったですね
 受け取った方も送った方も幸せな気持ちでしょう
モーリー 2010/02/24(Wed)01:28:50 編集
Re:無題
大正15年生まれの方が、小学校の時に買って下さったのは、
50年近く前に 亡くなった祖父が造ったものです。

メール頂いて 暖かい気持ちになりました。
【2010/02/24 07:36】
ありがとう
さくらさん、このお手紙を ここに載せてくださって、ありがとうございます。
読ませていただく私の心にも 感謝と喜びが溢れました。
吉野のご両親さまのお顔が浮かびました。
私の大切な方々です。
小飛 2010/02/24(Wed)21:48:42 編集
Re:ありがとう
私もメールを頂いて心の琴線に触れました。
こんなにも大切にしてくださっていた事に感謝です。
【2010/02/25 10:10】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]