忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5
8 9 11 12 14
15 16 17 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
おめでとう!(返信済)
(10/11)
(07/24)
(07/16)
素晴らしい!(返信済)
(05/11)
無題(返信済)
(02/09)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208
2007年3月14日(Wed)

アメリカ シアトルにお住まいのUTIKURAさんが、サイトを運営されていて、2週間に1回メールマガジンを送って下さいます。
(もちろん日本語です。)
その中のサマータイムのコラムを紹介します。

今年カナダとアメリカで3月11日から Daylight Saving Hour(サマータイム)が実施されます。
いつもは3月末でしたが、今年はいつもよりも早く時間の変更が訪れることになりました。
この日から日本とアメリカの時間差は標準の17時間ではなく16時間になります。

このいつもより早い夏時間への変更は2年間テスト的に行うものだそうです。
夏時間の導入は夏の間の電気消費を少なくすることが目標だったのですが、実際に1時間変えることで電気消費がどれだけ少なくなるのでしょうか。

時計が1時間すすめられることによって夜ベッドに行く時間が1時間早くなって消灯の時間が早くなり、省エネにつながるというのが目的だそうです。
当然朝は暗い内から起きることになりますが、朝は家中の電気をつける人は少ないので問題にはならないそうです。

下記が3月11日からの日本と米国(西海岸標準)の時間を表したものです。

日本時間   米国西海岸
0:00am     8:00am
6:00am     2:00pm
12:00pm    8:00pm
6:00pm    2:00am

インターネットで調べたのですが、日本でも1948年4月から1952年5月までサマータイムと呼ばれてこの夏時間が採用されたことがあたようです。
また、現在北海道の一部ではサマータイムが導入されている地区があるようです。
これは、高緯度の北海道は夏場の日中時間が長いためで「北海道サマータイム特区構想」の実験として行なわれているのだそうです。
また、札幌では2004年から道内の企業や官公庁に対して、勤務時間を1時間繰り上げるように呼びかけています。

少しですがサマータイムのお勉強でした。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]