忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
6 7 8 9 10
14 17 18
20 21 22 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
おめでとう!(返信済)
(10/11)
(07/24)
(07/16)
素晴らしい!(返信済)
(05/11)
無題(返信済)
(02/09)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142
2006年10月27日(Fri)

チェ CHU

チェ1 チェ2

チェ3

ローカルの「チェ サイゴン」と言うお店で チェ CHU を食べました。
いろいろ小豆やゼリー、果物などの甘いものを入れ、カキ氷を少し加えて混ぜて食べます。
3,000VND。小豆が日本の味に近くて、好きな味でした。

チェ屋さんの左隣の店は、歩道で豚肉をバンバン包丁で切り刻んでいました。


イタリア料理 Luna d'autunaeo

ガーデンスタイルで、涼しくなってきたハノイでは、室内より外の方が気持ちの良い季節です。(ランチ)

ルナ1 ルナ3
モッツアレラ チーズが手作りでなかなかイケル。

ルナ2 ルナ4
目の前の石釜で焼くビザは絶品。

ルナ5 ルナ6
スパゲッティ                野菜のグリル

野菜だけを何の味付けもなく焼くというのも、素朴な野菜の旨みが引き立っていいですね。
ドライトマトも焼いていました。生のトマトより歯ごたえがあって酸味と旨みがありました。

私が「チェサイゴンもイタリアンのLuna d'autunaeoも行ったことない」
と言いましたら、Koさん、Morimoriさん、Iさん、Saさん、Yさんで
またお誘い頂いてありがとうございました。

お陰さまで、また、美味しい思い出が増えました。



お昼から 最後の歴史研究会

「歩こうハノイ6」は、ドンダーの丘を中心にそのあたりのお寺・亭・教会などを編集しています。
もう一度、見に行こうということになりました。
私は、途中から入ったため、見ていない所が沢山あり、今回見ることが出来て良かったです。

ドンクアン(同光)寺 Chua Dong Quang

ドンクアン寺1 ドンクアン寺2
1つ目の門「同光寺」      2つ目の門「Chua Dong Quang」

タイソン通りのドンダーの丘の向かいです。
Thinh Quang 村とNan Dong 村の間に出来たお寺だから Dong Quangと言う名前がついたそうです。

ドンクアン寺3 境内にあった gac(ガック)という植物。
ヘチマのように棚からぶら下がって実を付けています。
今は、鮮やかなみどりですが、テトのころ赤くなり、その中の種とネトネトのところを餅米と混ぜ、ソイガックという赤いオコワを作ります。
そして、形に入れて(プリンのように)その後、お皿にひっくり返し仏様に供えます。(Sさんより)

ドンクアン寺5 ドンクアン寺4
中庭に恵みの水を持った観音様。
堂内では、女の人が30人ほど、黒のパンツに茶の上着というお揃いの服を着て、お経を上げていました。
旧暦の毎月7日は、このようなお寺の行事があるそうです。

ドンクアン寺6 クアンチュンを祀っています。(ホーチミンさんの写真の後ろ)

1788年、阮恵(グエン・フエ)が自ら帝位に就き、アンチュン(光中)帝と称し、ハノイを中心に北部ベトナムを統治しました。
このあたりの歴史背景は少し複雑ですので、「歩こうハノイ6」が出ましたら、お読み下さい。

ドンクアン寺7 ドンクアン寺8

左は中庭と本堂の間にあったものです。
写真では分かりにくいですが、鳳凰・龍・麒麟・亀が掘られています。
右は Ban Tho Ong Be と書かれていました。
Ban Tho は祭壇、Ongはおじいさん、Beは小さい子供 の意味だそうです。
確かに子供の顔と頭をしています。
この座り方も何か意味があるのでしょうか?

現在改築工事中の観音堂の天井を見上げると、棟のところに書付がありました。
「仏歴二千五百四十九年建観音堂来大吉」
仏歴という言葉を始めてみました。
今年2006年と言うことは、西暦 BC543年が仏歴の始まりになりますが・・。

<<仏歴をネットで調べました。ウキペディアから一部抜粋>>
仏滅紀元(ぶつめつきげん)とは、釈迦が没した年を紀元とする暦法。仏暦とも言う。東南アジアの仏教徒の多い国などで用いられている。タイでは涅槃に入った年から一年たった年を仏歴紀元にしている。紀元前543年が仏暦紀元となる。


ナムドン(Nam Dong:南同)教会

ナムドン教会2 ナムドン教会1
カトリック教会(レデンプトール修道会)です。
祭壇には117人の殉教者がイエスを囲んだ大きなレリーフあります。

ナムドン教会3 ナムドン教会4
教会内の壁にはビアドロローザ(十字架の道)の14枚の場面のレリーフがあります。

庭に葉が団扇のような3mほどある大きな「旅人の木」がありました。

ナムドン教会5
旅人の木 : 暑い熱帯地方を旅する人が水がなくなり、渇き切った時に探す木で「旅人の木」と呼ばれ、この木を見つけた旅人がナイフで幹を切ると、冷たくおいしい水が泉のようにあふれ出て、旅人の命を救うそうです。
「渇いている者には、命の水の泉から価なしに飲ませよう」(ヨハネの黙示録21・6)とあり、イエス・キリストは十字架の木の上で、傷つけられた脇腹からあふれ出る命の水を注がれるのだそうです。


シツコイようですが、「歩こうハノイ6」に詳しく載せますので、出来上がったらお読み下さい。


ドンダー(Dong Da)の丘

ドンダーの丘1 ドンダーの丘6
ドンダーの丘正面             丘の上にある慰霊碑

丘を反対側に降りて行くとグエン・ヴァン・フエ(阮文恵)のの大きな像があります。
1789年グエン・フエは「ドンダーの戦い」で清(中国)を打破し、クアン・チュン(光中)帝となります。

ドンダーの丘1 ドンダーの丘4
グエン・ヴァン・フエの像         博物館にあった凱旋の様子

このグエン・フエが清と戦ったとき、ベトナム軍を鼓舞するために呼んだ詩です。
ドンダーの丘2 ドンダーの丘3
  現在のベトナム語           グエン・フエが作ったチューノム

チューノム
ベトナムはもともと漢字文化圏です。
しかし中国語とは違うため、新たなベトナム語を作りました。
その漢字は、意味とベトナム語の発音を組み合わせています。

たとえば、上の写真の一番上のセンテンスの4つ目「DAI」言葉。
ベトナム語で「長い」ことを「DAI:ザイ」と言います。
ベトナム語で「曳」を「ザイ」と発音しました。
そこで中国語の「長」に、ベトナム語の音の「曳」をくっつけて一つの文字としたわけです。


昨日で、私の歴史研究会への参加も終わりました。
私は教えていただくばかり・・・。

お世話になり有難うございました。

「歩こうハノイ6」が出来上がるのを日本で楽しみに待っています。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]