忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5
8 9 11 12 14
15 16 17 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
おめでとう!(返信済)
(10/11)
(07/24)
(07/16)
素晴らしい!(返信済)
(05/11)
無題(返信済)
(02/09)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[249]  [248]  [246]  [247]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239
2007年4月17日(Tue)

歩こうハノイ6 南同亭

ハノイでご一緒だったK2さんから、久しぶりのお電話を頂きました。
一時帰国中で日本国内からでした。

「歴史研究会での“歩こうハノイ⑥”が出来ましたので、お送りしましたから・・・」と

日本に届ける郵便は、帰国する人に託して日本で投函する方が、確かなのです。

“歩こうハノイ⑥”は、ドンダーの丘周辺をまとめたものです。
 18世紀後半にタイソン通り周辺で「ドンダーの戦い」が繰り広げられ、
 清(中国)を撃退しました。この戦いで活躍した英雄クワンチュン
(光中)の像が、ドンダー公園に建てられています。

ハノイ歴史研究会というグループに入っていました。
皆でお寺や亭、教会などに行き、直接お話を伺ったり、先輩方の残して下さった資料を読んだりしながら、ベトナムの歴史を少しずつ勉強しました。
私の担当は、ナムドン(南同)亭でした。
皆で意見を出しながら、完成させていく作業は、とても楽しかったです。
完成を見ずに帰国しましたので、冊子が出来るのを心待ちにしていました。
ありがとうございます。



ハノイ商工会の季刊誌にも、歴史研究会が「ベトナム歴史の散歩道」という1ページを担当しています。

在籍は短かったのですが、帰国が迫っていたので、4月号は私が担当することになり、原稿を書かせて頂きました。
そちらの方も発刊され、私の手がけたページを歴史研究会のSさんからメールで頂戴しました。

ハノイ商工会季刊誌

李朝(1010-1225)発祥の地のバクニン省にあるドー(都)神社の事を書きました。
本当に何も知らなくて、Sさんにいろいろ教えて頂き、やっと仕上げた状態でしたが、出来上がると嬉しいですね。

歴史研究会の皆様、まだまだ興味の尽きないハノイの歴史や文化をこれからも調べて活動をお続け下さいね。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]