忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 9 10
11 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
辛いですね~(返信済)
(11/14)
(11/14)
(11/10)
いえいえw(返信済)
(11/05)
素晴らしい!(返信済)
(11/05)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624]  [623]  [622]  [621


御堂筋 心斎橋のイルミネーション


ーーーーーーーーー
季節柄、「喪中はがき」が、何枚か届く。

今日 受け取ったのは、昨年 亡くなった主人宛に 
主人の友人から 「103歳の親が亡くなった」というものだった。

昨年、私が出した「喪中はがき」のリストをみると
この人にも出していた。

届いた「喪中はがき」は、私もでしたが・・
裏は印刷、表書きはハガキソフトを使ったPC印刷。

今日 届いた「喪中はがき」は、昨年の見落としか?
それとも 機械的にデーターを出したためのか?

無神経なこの「喪中はがき」に いい気はしない。

ーー

私の場合、「年賀状」は、儀礼的に 何年も出している人もかなりいる。
一旦 出し始めると、止める きっかけが難しい。

しかし、1年に1回の「年賀状」で、今は、会うことも無くなった
古い友人の音信を知ることも沢山ある。

今のように 携帯やメールの無い時代からの 付き合いの人たち。
やっぱり、「年賀状」は、大事なアイテムかもしれない。

この週末に「年賀状」の作成をしなくては・・




PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]