忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 ただ今は帰国し、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。 ホームページ(2005年7月~2006年5月)は、「リンク」のところにあります「太田桜花堂 ベトナム便り バックナンバー」とクリックして頂くと入れます。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
(05/28)
素晴らしい(返信済)
(05/20)
(04/02)
お大事にね~(返信済)
(03/20)
いいですね~(返信済)
(02/28)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
御津八幡宮 夏まつり みこし

アメリカ村(西心斎橋)のビルの間に御津八幡宮があり、
14日 15日 夏祭り “御神輿”担ぎ手は、若い女性ばかり。
(御神輿は、14日のみ) 
  
この辺りは昔は海との境で、港になっていたそうです。
奈良時代に行われた聖武天皇による東大寺の大仏建立にあたり、
宇佐八幡宮の神霊が力添えをするべく平城京へ上るということが
あったのですが、その時、この御津の地に上陸して一時安置され、
その跡に社殿を建てたのがこの御津八幡宮なんだそうです。

今は周りは商業地でビルが建って、コンクリートの壁。
都会のど真ん中です。
御津八幡宮 夏まつり 御津八幡宮 夏まつり
                        本殿
PR


新しい食器洗い乾燥機を購入。

我が家の20年ぐらい前のは、
台所に洗濯機があるぐらいジャージャーと水の音がうるさかったのに・・・

なんと! 今度のは感動するほど静か!

ただ、誤算は、

今までは、食器洗い乾燥機の上に、オーブントースターが乗っていたのが、
形的に、上に丸みがあり、オーブントースターが乗せられなくなり、

狭い台所をトコロテン式に物を移動するハメになったことかなぁ。

もう1つは、売り場で見たときより、
家に置いたら、大きくて・・・・一応、納まったけど・・・・

やっぱり、きっちりスペースを測っていかないといけませんね。


平日の勤め帰り、主人と待ち合わせて USJ へ

梅雨の晴れ間で(最近、雨降らないけど)、涼しい風も吹いているし、
アトラクションは、待ち時間なし。

結構、快適!

19:45から“マジカル スター パレード”が始まり、
笑顔のパフォーマンスを見ているうちに、
なんだか幸せな気分になりましたよ。

ujs1 ujs

USJ USJ

USJ USJ

USJ USJ


御堂筋沿いの歩道で、怪しい2人が・・・・

QRコード

これぞ究極のQRコード!

道行く人が、自分の携帯電話をかざし、取り込んでいます。

AKIBA48 NEW Single の無料サイトにつながりました。


Kさ~ん! 久しぶり~~。
関西に来られたので、久しぶりにお会いできました。

12月25日 エジプトのルクソールを旅行中にKさんから電話が・・・
「1月に大阪に行くので、夜、ご飯一緒に食べよう」

日本にいると思って電話をかけたKさんも、電話を受けた私もびっくり・・・。

昨年、ポケットに入れていた携帯を使用前のトイレに落とし・・・
動かなくなり、買い換えを余儀なくなれたのです。
(その時は、ちょっとへこみましたよ

確かに新機種はエジプトも通じる携帯だったのですが・・
本当に海外で電話をもらったのは、初めてでしたので。
エジプトでも、ちゃんととぎれることなく良く聞こえましたよ。

それで、話は戻って、
せっかく、Kさんが来られるのだから、
夕食はどこが良いかと考えて、思いついたのが・・
看板だけは上がっているけど・・
ぱっと見た感じでは、お食事するところとはわからないような
心斎橋にあるマンションの1室で完全予約制の
リーズナブルに懐石を食べさせるお店。

懐石1 懐石2
     前菜盛                エントランス

期待を裏切らず、見た目もかわいく、美味しかったし・・
大声で笑ったりおしゃべりしたり、心おきなくお話できましたよ

その後、道頓堀を案内して・・・
道頓堀1 道頓堀2

法善寺の水掛お不動さんにもお参りして・・・
法善寺2 法善寺1

あっという間に、時間が過ぎて・・・

今度はいつ会えるかわかりませんが、
また、お会いしたいですね。


HOOP(阿倍野)のイルミネーションが綺麗でしたので・・・

hoop光1 hoop光2

hoop光3 hoop光4


御堂筋のイチョウ

最近、だいぶ色づいてきた、御堂筋のイチョウです。
地面にも、パラパラと落ちてきます。

そして、雌木のそばに行くと、ギンナンの臭いがします。

御堂筋は昭和12年、大阪のキタとミナミを結ぶ道路として完成。
沿道に約800本のイチョウ植えられ、ギンナン落としも市民に
親しまれています。

ギンナンの実は地面に落ちると、強烈なにおいを放つため、
踏んだ通行人や周辺の店舗から、においへの苦情が絶えないそうです。
また車がスリップする危険性も指摘されています。

このためイチョウを植え替える際には、実がならない雄木を植えるように
しているとかで、400本あった雌木は現在は約270本に減少しているそうです。



昼休み、心斎橋筋を歩いていたら・・・
後ろから「すみません~」と、女の人の声。
振り返ると、30歳ぐらいのごく普通の感じの人。

親しげに話しかけてきて、
「あなたのお顔を見ていると、最近、ここ1年ぐらい
良いことに変化があったようですね。」

何か変だと思って、離れようとしても、
会話をとぎれささずに、自分の方に引き込もうとします。

「手相や名前をみてもらったことありますか?」とか 

「あなたには、守ってくださるご先祖様が付いていますよ。
 11月にお亡くなりになった、近しいご先祖様がいますか?
 あなたには、お墓を守っていく相がでています。」とか

無視して、立ち去ろうとすると
「何か気になることがあったら、この葉書出してください。」

と、地図の書かれた葉書を押しつけられました。

その場で路上にも捨てられず、後でゴミ箱へ・・・

本当に、「言葉巧みに」と言う表現が当てはまる人でした。
後で思うと、変なことなのに・・・・
何も実害がなかったので良かったのですが・・・、
自分の馬鹿さに、腹が立ちましたよ。
もっと早く、あの場を立ち去るべきでした。


2008年2月2日

知り合いの日本舞踊の先生が、大阪日本橋にある国立文楽劇場で
第1回「日本の未来を考える」 原点の日本舞踊
と題して、日本舞踊の会を開催されました。

重要無形文化財保持者(人間国宝)の特別出演もあり、伝統文化の美しさと奥深さに触れる一日でした。
撮影禁止でしたので、綺麗な舞姿をアップ出来ないのが残念です。

解説より抜粋

演目
清元「山姥」
「山姥もの」というのは、山姥を源頼光の四天王の一人である坂田金時(怪童丸)の母として、足柄山中で怪童丸を育てるという筋立ての舞踊劇をさします。
常磐津やその他の「山姥もの」よりも後に出来ただけに、参考作品の長所を活かして作られています。
全曲は相当長く登場人物も山姥、怪童丸、山樵の3人が繰り広げる大曲ですが、今回はその中の一番の眼目の「山めぐり」の件を素踊り・独舞での上演です。

長唄「外記猿」
子猿をつれた大道芸の猿回しが、とある屋敷に呼ばれて庭先で芸をします。
お染久松の物語の四つ竹という小道具を巧みに使って表現してみたり、狂言小舞の飛騨踊り等が踊られたりします。

長唄「鷺娘」
しんしんと降りつもる雪、真夜中の水辺にはなぜか白無垢の美しい娘が一人たたずんでいます。
この娘は「白鷺の精」です。
その娘が一転、ハスっぱな江戸の娘に変わり、華やかに踊った後、最後は地獄の責め苦に苦悩する姿が描かれています。


「鷺娘」は衣装が5回変わります。その際、早変わる「引き抜き」もあり、視覚的にとても綺麗です。
いろいろな感情を踊りで表現されていて、見応えがありました。

長唄の中に
「・・・さしかけていざさらば 花見にごんせ吉野山 
 それえそれえ 匂いの桜花笠・・・」  とあります。

長唄、三味線、お囃子(太鼓、笛、鼓)も、勿論、生で舞台で演奏されます。
日本の伝統芸能ですね。


2006年2月16日(Fri)

ベトナムから研修に来られている2人。
愛媛からご一緒のMiさんと主人と私もおまけで大阪市内のご案内です。

先ずは大阪城から、

大阪城の梅林が満開。

お天気も良くて、アマチュアカメラマンが一杯。

大阪城梅林1 大阪城梅林4
梅林の向こうに大阪城天守閣が見えます。

大阪城梅林3 大阪城梅林5
       古城               鶯宿(おうしゅく)

梅林の看板には「プラムガーデン」と書いていました。

梅林を出て天守閣の方に歩いていくと、レトロな雰囲気の
「ロードトレイン」が走っていました。
大阪城公園内の大手門から桜門までの移動できるようです。

大阪城梅林6 大阪城梅林7

機関車は、大阪城内では環境を考えLPガスのハイブリッドエンジンの車だそうです。でも、外観のデザインは、ピストンシリンダーが実際に駆動し、見た目は機関車そのもの。警笛も「汽笛音」でした。


大阪城天守閣

大阪城4 大阪城1

大阪城3 大阪城2

城内にある「金明水井戸屋形」
この井戸は水面まで33mあるそうで、のぞいても水面が見えませんでした。
井戸枠は1箇のくりぬき石だそうです。伝説では、豊臣秀吉が井戸水の毒気を抜くために黄金数枚を水に沈めたと言われていましたが、近年の調査によって、この井戸は豊臣時代の物ではなく、寛永元年(1624年)に掘られ、井戸屋形は同3年(1626年)に建てられたものどたと判明したそうです。

大阪城と言えば、豊臣秀吉を連想しますが、徳川2将軍秀忠によって元和6年(1620年)から、10年かけて全面的に再築されています。

城内には、南蛮屏風、大阪城夏の陣図屏風、黄金の茶室や、鎧甲、陣羽織などの数々の展示品がありますが、撮影は禁止でした。

8Fの展望台から大阪の街が見えます。
春霞がかかったような感じでしたが、遠くに通天閣も見えました。

大阪歴史博物館
写真は左から大阪歴史博物館、NHK、大阪府警です。
では、これから大阪歴史博物館へ



大阪歴史博物館

大阪歴史博物館4 大阪歴史博物館2 

大阪歴史博物館女官 大阪歴史博物館5

10Fの古代フロアは、奈良時代の難波宮(なにわのみや)の大極殿に入ります。
原寸大の復元された朱塗りの円柱や管人たちがいて、大スクリーンで新羅からの使者を迎える宮廷の儀式を映し出します。
何だかタイムスリップしたような気分になります。
そして、その映像が終わると、前方のスクリーンが静かに上がり、眼下に難波宮後の礎石が見えます。


9Fは、中世金背フロア
大阪歴史博物館6
江戸時代の水都の景色

信長と戦った本願寺、江戸時代の街の賑わいを再現したミニチュア。
文楽人形などもあります。

7Fは近代フロア
大正末期から昭和初期にかけて。

6F あおもり縄文まほろば展

山内丸山遺跡などの特別展が開催されていました。

歴史博物館は4度目ですが、特別展を見れて嬉しかったです。

山内丸山1 山内丸山3
  目を大きく強調した遮光器土偶  

山内丸山2 山内丸山5
    大型板状土偶            合掌土偶

山内丸山6 山内丸山4
   狩猟文土器               縄文ポシェットとクルミ

青森県に行ったことがありませんが、縄文時代にちょっと触れたようなきがしました。




天保山の海遊館

海遊館1 海遊館2
海遊館と言えば太平洋をイメージした世界最大級の水槽にいる巨大なジンベイザメ

海遊館7 海遊館3
     マンタ        ケルプの森にいるユーモラスな顔のマンボウ

海遊館4 海遊館5

亀の呼吸を見ましたよ。
ふわふわ浮いているクラゲって、なんか癒されるなぁ・・・
海遊館6 海遊館8
世界最小の魚 「ドラーフ・フェアリー・ミノー」1Cmほどの魚でした。

海遊館のテーマは、ジェームズ・ラブロックの提唱する「ガイアの伝説」に基づくそうです。
ガイアの伝説とは:地球とそこに生きる全ての生き物は、互いに作用し合う一つの生命体である。という考え方です。




大観覧車

大観覧車に乗り15分の空中散歩。

大観覧車1 大観覧車2

大観覧車3 大観覧車4

すっかり日も落ちて、ライトアップされた大観覧車を天保山からみました。

天保山に登頂しました。

ご存じでしたでしょうか? 天保山 標高4.5mの山を!
 天保山の三角点は大阪港護岸のすぐ内側にあります。

 天保山(てんぽうざん)は、国土地理院発行の25000分の1地形図に
 記載されている山の中で 日本一、標高の低い山なのです。

 江戸時代の天保2年(1831年)から2年間、船の航路を確保するために
 大阪港に接した安治川の土砂が積み上げられてできた山で当時の高さは
 約20mあり、桜が植えられたり茶店が設けられるなど行楽の地として
 賑わったそうです。 




道頓堀で夕食

大阪は食い倒れの街。道頓堀千日前界隈は最も大阪らしい雰囲気を色濃く残しているところです。

道頓堀1 道頓堀2

「赤い火、青い火、道頓堀の~~」と歌が聞こえてきそうです。
ちょっと古い?

ミナミの名所と言えば、法善寺横丁。

道頓堀の南側の法善寺さんへ

現在は狭い境内になっていますが、水掛不動さんがあり、
いつも水を掛けられているので、お不動さんは苔むしています。
法善寺2 法善寺1


法善寺横町に「月の法善寺横町」の歌碑があります。
法善寺歌碑

「包丁一本 晒しに巻いて~。旅に出るのも、板場の修行~
待っててこいさん, 哀しいだろが あぁあ~、若い二人の~
想い出にじむ 法善寺 月も未練な 十三夜」
またまた、古い歌が・・・・

因みに20代のMiさんは、この歌を知らないと言っていました。

本日の大阪のご案内は、これでお開きとなりました。

そうそう、「日本の印象はどうですか?」と聞いてみたのです。
「清潔。車が多い(バイクが少ない)。物価が高い。」でした。
私がハノイに行った時の第一印象の逆ですね。


忍者ブログ [PR]