忍者ブログ
2005年7月~2006年11月 ベトナムのハノイに住んで、ベトナム生活を満喫しました。 帰国後は、身の回りのこと少し更新しています。良かったらお付き合い下さい。
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(07/08)
(03/17)
(02/24)
(02/18)
(01/11)
最新TB
プロフィール
HN:
さくらさくら
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[673]  [672]  [671]  [670]  [669]  [668]  [667]  [666]  [665]  [664]  [663



5月中旬にミャンマーに行った時、スーパーマーケットで買って帰った
「食べるお茶 ラペッ・ソー」

たまたまスーパーにいるとき、
日本人駐在員婦人って感じの方3人がいて、
1人が、「これがミャンマーの人気のある嗜好品です。」
と、後の2人に説明されたのが、聞こえました。

「茶葉、ナッツ類、干しエビがセットになった お手軽ラペッ・トゥッ」

好奇心から買って帰ったものの・・・
冷蔵庫に入れたのを ずーっと 忘れていました。

お土産として、ガイドブックにも掲載されています。

「食べるお茶 ラペッ・ソー」は、発酵された茶葉。


ガイドブックによると
飲用するよりも前からある古い形のお茶の利用法だそうです。

作り方は、茶葉を蒸してから、目張りした竹籠や穴の中に
ぎっしりと詰め込み、自然発酵して作るそうです。

見た目は、お茶の漬物のような感じ。

油であえ、揚げニンニク、干しエビ、乾燥させた各種の豆などを
混ぜ合わせて食べるそうです。

ーーーー
セットになった物を混ぜ合わせて 恐る恐る 食べてみると・・・
「辛い~~~~~! お水 お水・・・・!」

ガイドブックに 眠気覚ましにもなる。と。
なるほど。と 納得!
目が覚めたWぁ。

豆の中に、昔 明治生まれのおばあちゃんが 食べていた
イカリ豆(ソラ豆の揚げたもの)も入っていました。

干しエビは、日本のものと 変わりませんでした。
ーーーー

ミャンマーの人にとっては、
スナックにもなるし、
薬味や野菜を入れておかずにも。

配合は、まさに おふくろの味。
と書かれていました。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
サラダが好みです
3年ほど前からラペッにはまってます。

セットのものだけ混ぜて食べたのでしょうか。
同僚から聞いた食べ方で、キャベツやトマトと混ぜて食べた所、辛さもなくとても食べやすかったですよ。
あとパッケージ右上が赤いのは辛口、緑のは辛くないやつらしいですね。
まこと 2020/02/18(Tue)01:15:23 編集
Re:食べ方教えてくださってありがとう
まことさん
そのまま、混ぜて食べるのではなく、
キャベツやトマトと混ぜて食べるのですね。
その上、赤いラベルなので 辛いものを買っていたのですね。
私が食べ方を間違えていた~~!
教えて頂いてありがとうございました。
今度、またミャンマーに行く機会があったら、
緑のを買って、サラダのように食べてみます。
【2020/02/18 06:37】
忍者ブログ [PR]